公教育を支える教材出版社代表のブログ

今年は販売会議が多いのです。例年年明けから次年度新学期に向けた商品説明会を販売店さん向けに開催するのですが、中学校教材の改訂期ということもありますが、今年は意図的に販売会議を増やしています。

今までも私は社長就任以来、どちらかと言うと社長室にずっと座っているタイプではなく、暇があればどこかにウロウロ出かけてしまい社員たちからは社長はいつもいないと困られるほどの活動タイプです。しかし、弊社取引先は全国に700社以上、全国は広いもので未だに全ての販売店さんにお会いできているわけではありません。先日は北東北3県の合同販売会議を開催しました。北東北3県の販売店さんを集めた会議は初めての試みです。恥ずかしながらここでは「はじめまして」のご挨拶を多くの方とすることになりました。本来はこちらから出向くべきところですが、この時期地方を巡回するのは時間的にも厳しいので、集まって頂けるのは本当に感謝なのです。

昨今は市場の縮小や競争の激化に伴い、営業効率やコスト削減の観点からお客様(販売店)となかなか接点を持てなくなっています。しかし、それではますますお客様(販売店)との距離が離れて行ってしまいます。業界は今、激変期に突入していると思っています。今まで脈々と築いてきた素晴らしいビジネスモデルが変革を余儀なくされています。守るべきことは勿論多々ありですが、変化せざるを得ない点から逃げてはいけなくなってきたこともまた事実です。

だから、私はもう一度原点に戻るべきと思うのです。教育同人社には販売店さんが必要です。その役割は重要なのです。共に戦うことができれば百人力です。しかし接点がなければ、いつまでも昔のまま、昔の慣習によるお取引を続けるだけの関係でしかないでしょうね。もう一度お顔を見て、話を聞いて、そしてこちらも本気で話をして、改めてコミュニケーションをとる必要性を感じています。これから先は大変な苦難の道のりが待っています。次世代を一緒に戦えるパートナー探しにも繋がります。

私は元銀行マンということで人からはよく数字に強い戦略家かと思われがちですが、実際は経営分析とかマーケティング戦略とかはあまり得意ではありません。やはり人と話して、出逢いを大事にして、人と仕事をするのが好きなのです。(そしてお酒も。。。)

だから、今年の教育同人社は会って会って会いまくります。

P.S.

地方に行くと食事が楽しみ。盛岡はやっぱり冷麺だな。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。