公教育を支える教材出版社代表のブログ

6月11日の日曜日、200名を超える皆様にお集まりいただき、今年も椿山荘で第5回JEES教育シンポジウムが開催されました。

今年のテーマは「新学習指導要領の改訂」でした。新しい学習指導要領に向かってこれからの時代を担う若い先生に知っておいて欲しいことについて、白梅学園大学大学院特任教授の無藤隆先生にご講演をいただきました。

次期学習指導要領は、未知のことがたくさん起こるこれからの世界を、子どもたちが生き抜くための力を育むことを前提として作られているというお話は納得でした。既知の知識を伝えるだけでなく「未知」に対して対応できる人、向かっていける人を育てることは、企業人の立場から見ても急務であると感じるからです。

また、そもそも学校教育の使命は天才を生み出すことではない、どこにでもいる普通の子どもをしっかりとした人材に育てることを担っているというお話も合点でした。そういう底の高い教育を全ての学校で展開できる国はそうありません。先進校や塾が担っている役割と学校教育が担っている役割はやはり違っていて、それはとても大事なことなのだと認識しました。

無藤先生のお話は凡人の私にも実にわかりやすく、まだ経験の浅い若い先生にも次期学習指導要領の趣旨は十分に伝わったのではないかと思います。

パネルディスカッションでは学校長の立場から札幌市立屯田小学校校長の新保元康先生に、教員研修を施す立場から宮城県総合教育センターの皆川寛先生に、そして大学の立場から藤川大祐理事に、現場教師の立場から盛山隆雄理事にご登壇いただき、それぞれの立場から見た次期学習指導要領についてご討議いただきました。詳細の記載は追って出す報告書に委ねますが、堀田龍也理事長の巧みな采配にも関わらず時間を超えての熱心な討議に会場も熱気に包まれました。

交流会もまた活気に溢れていました。椿山荘の美味しい食事を共にしながら講師陣を囲って熱心に聞き入る若い先生たち。この先生たちが将来の学校を支える担い手です。私たちは小さなNPOですが、この活動は無駄ではないと実感した日となりました。ご来場くださった先生方、関係者のみなさま、そして日頃よりJEESを支援してくださっている会員のみなさま。本当に感謝します。

JEESはこれからも堀田理事長の元、若い先生を応援するために活動を益々活発化させていきます。ご期待ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。