公教育を支える教材出版社代表のブログ

夏休みも終わり、学校にも子どもたちの元気な声が戻って来ました。みんな宿題はちゃんと終わったかな~
ここ数年夏休み教材は順調に推移しています。他社もたぶん増えていると思いますので、全国で夏休み帳は増えていると言えそうです。傾向としてページ数も厚いものが選ばれているようです。
一方で昨今は学校が宿題を増やすとすぐに批判があがるようです。「宿題が多過ぎて大変」「夏休み帳なんて時代遅れ」「学校の宿題なんてやらなくてもいいんだ」。。。果たしてそうでしょうか?
学校から配られる夏休み教材をよく見て欲しいのです。むしろ量はありません。平均的な教材のページ数は国語16ページ、算数16ページで合わせて32ページで構成されています。一日1ページで32日間で終わる計算です。1ページの学習時間は20分を目安に作られています。早い子どもは15分程度で解けるはずです。1日15分集中して机に向かえば終わる量なのです。教材には解答解説が付いていますから間違えた問題は自分で見直しができます。その時間を入れて1日30分。
学校が夏休み教材を配る目的は学力の向上というより学びの習慣化です。休み前に計画を立て目標化します。学校がなくても毎日机に向かうことができるか、自分で作った計画通りにコツコツできるかを見ることができるように作られています。また教材の内容は1学期の既習事項しか掲載されていません。ですから学校で一度習ったことをもう一度自分でやってみるということなのです。習ったことをもう一度学習することで何ができて、何ができないかを自覚することができるように作られています。
宿題批判するご家庭は塾通いのお子さんが多いようです。夏期講習やそこで出される宿題に追われるからです。進学塾ともなると膨大な宿題が課せられ、学力よりもそれをやり遂げる精神力を養っているようです。寝る時間がないとまで聞いたことがあります。それこそやらなくても大丈夫です。学校で習っていないことも盛り込まれていますから、わからないことがたくさんあります。むしろできないことを自覚してしまう恐れがあり自尊心が損なわれ逆効果です。ちなみに学校の夏休み教材は220円~400円です。夏期講習に行けば3万円~5万円で、教材代は更に数千円でしょうか。。。
自ら学ぶ姿勢、計画性と実行力、毎日コツコツ努力できる力、間違いを見直せる力、これらは大人になってもとても大事な力です。指導者がいなくても一人で課題を乗り越えることができるようになる力がまさに「生きる力」です。計画表は書いているか?その通りに実施できているか?短い時間でも毎日学習しているか?間違いを見直せているか?宿題を集めた後、学校の先生方にはその辺りをチェックしてもらいたいなと思っています。そして毎日使って、見直しして、ボロボロになった夏休み帳を出してきた子どもを大いに褒めてあげて欲しいと思っています。
夏休みは子どもを大きく成長させる季節です。これからも子どもから少し離れて、そっと見守ってあげる時間として大事にしたいものですね。

あっという間に夏休みです。
夏休み教材も小中学校共におかげさまで多くの子どもたちに教材を届けることができました。何より支えて頂きました全国の販売店のみなさまのおかげでございます。感謝です。新学期発送作業では大幅な遅延を生じさせてしまったにもかかわらず、信じてくださった多くの方々に感謝感謝です。こういう時に支えてくださったみなさまへのご恩は一生忘れません。
さて夏休みは恒例のエコポスターコンクール(JEES主催)です。

夏教材を決める時期になりました。夏休みは短くなる傾向ですが、夏教材の採用は年々増え、ニーズは益々旺盛です。今年も教育同人社の「選べる夏」をお願いします。
以下のサイトで目的別オススメ教材がわかります。

http://www.djn.co.jp/elementary/sp/summer.html

さあ新学期です。
振り返るといろいろやった一年です。全力でやった一年です。その真価が問われるのが新学期です。大企業に比べれば知名度もなく、有名でもない小さな会社でも、学校現場にはかけがえのない存在でありたくて、その思いだけで頑張りました。結果はおのずと出ると信じています。改革のスピードと企画力はどこにも負けないと思っています。
我々がやった「教材革命2017」の活動の一部ですがまとめてみました。

もう3月も終わろうとしています。いよいよ新学期を迎えます。我々はここまで来ると泣いても笑っても「まな板の鯉」。後は、弊社の販売代理店さんのお力にお任せするしかありません。
教科書は無料なのに教材は有料とよく言われます。販売代理店さんからも「学校教材は有料だから大変だ。」と聞くことがあります。確かに保護者目線で見るとそうなりますが、教科書も「教科書無償給与制度」によって国が買っているわけですから有料の教材です。決して無料のものではありませんね。教科書会社も利益を出していますから商行為です。そのことで良質な教科書が作られているわけですから必要不可欠な利益と言えます。

本日は、日本教材学会関東甲信越支部の研究会でした。研究テーマは「アクティブ・ラーニングと教材研究~「深い学び」を求めて~」
基調講演では国立教育政策研究所統括研究官の千々布敏弥先生にご講演賜りました。新学習指導要領が告示されるタイミングでの旬な話題でした。改めて新しい学習指導要領が求めるものをおさらいできましたし、「深い学び」についてわかりやすく解説していただきとても勉強になりました。

販売会議真っ只中の新学期前にも関わらず、最近は協会の活動が忙しいのです。

昨年の「2020年代の教育の情報化に関する懇談会・基本問題WG」に続き、先日は「学習指導要領における各項目の分類・整理や関連付け等に資する取組の推進に関する会議」学習指導要領のコード化に関する会議に有識者として呼ばれました。そうしたら何と教育新聞さんにバッチリ取り上げられちゃいました。自分の発言がメディアに載ってしまうなど思ってもいなかったので、嬉しさよりも責任の重さを感じているところです。

次期指導要領を巡りコード化 統計処理などで活用へ「教育新聞」https://www.kyobun.co.jp/news/20170227_03/

いよいよ2020年度から始まる学習指導要領の改定案が出たところで話題沸騰ですが、弊社にとっての足元は来年度の実績作りです。
来年度は小中ともに教科書の改訂もありませんから、学校教材の改訂も必要ない年です。しかし、文科省の「開かれた教育課程」のかけ声の元に次期学習指導要領の情報は早くから公開されていました。情報は既に現場の先生方のお耳にも入っていることを踏まえ、弊社は次年度に向けて、次期学習指導要領の要素をふんだんに取り入れた大胆な提案をいくつもご用意しています。

いよいよ中教審から新学習指導要領の答申が出るようです。新しい教育が始まります。答申が出れば2020年度を待たずして新しい教育を見据えていろいろなことが動き出すことになります。
先日中教審初等中等教育分科会(第108回)を傍聴してきました。分厚い資料を頂きました。意見徴収は50団体に及び、分科会、部会、教科別ワーキンググループなどの複数の会議で膨大な時間をかけて審議が行われたことがわかります。そしてこれらの情報は「社会に開かれた教育課程」の実現という理念のもと、ほとんどオープンに公開されてきました。従って答申が出る前から既に我々はたくさんの情報を持っており色々な議論がされている訳です。
「カリキュラム・マネジメント」の実現、「主体的・対話的で深い学び」の実現(「アクティブ・ラーニング」の視点)、辺りが改善のキーワードですね。これは今までの学習指導要領が「何ができるようになるか」「何を学ぶか」を中心に述べられていたものから、次回は「どのように学ぶか」の視点に力を入れていることを表しています。

インクルーシブ教育がますます注目されています。
NPO法人全国初等教育研究会(JEES)では第7回JEES教育セミナーにて「スクール・インクルージョン実践講座」子どもたち全員が参加できる学級経営~インクルーシブ教育を学ぼう~と題して、むさしの発達支援センター所長の森山徹先生をお呼びして教員研修会を開催いたしました。

他のキーワードで検索 »