公教育を支える教材出版社代表のブログ

あけましておめでとうございます。社長ブログ書き初めです。今年もマイペースで続けて参ります。
年頭に際して本年も全社員を前に社長講話をいたしました。
今年は昨年の流通センターの混乱による配送遅延のような失敗をしないよう、本社としても流通機能をしっかり支えることを伝えました。新流通センターはまだ発展途上ではありますが、3学期出荷は社員たちの頑張りでほぼ滞りなくお届けすることができました。ただ配送ミスも数件生じており、まだまだ改善の余地はあり、検証を繰り返してミスの撲滅に努めて参ります。今後の見本出荷、新学期配送において販売店様や先生方にご迷惑をおかけすることのないように最善を尽くします。
本社としては、出版業としての本筋を念頭に「編集」の年にしようと発破をかけました。4月からは移行措置が始まり、2020年度には新学習指導要領による新しい教科書が配布されます。その改訂に伴った新しい学校教材が望まれる訳です。実際の編集作業はもう少し先の話しですが、その前段階の準備がもっとも大事です。
社員たちには箱根駅伝のエピソードからナイキ社の「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」というシューズの話しをしました。今年も青学が優勝して4連覇を達成しましたが、往路優勝するなど1年生が活躍した東洋大学がこのシューズを採用しているようです。このシューズは「厚底」のシューズなんです。昨年ドラマ化された『陸王』でも象徴的に扱われている「薄くて軽い靴」が全盛の時代に、厚底靴を開発した訳です。開発のコンセプトはマラソンで「2時間を切るための靴」。ナイキ社のポリシーは『ランナーファースト』という考えです。薄くて軽い靴が最高の靴という常識をいったん全て疑ってみて、新しく作り出してしまうということです。

学校教材は長年の間先生方に寄り添って商品開発を続けてきました。教科書だけでは学習は完成しない、より効率的により効果的に子どもたちの学びを身につけるために、今では必須のツールとして存在しています。しかしその存在は将来が保証されているものではありませんね。学ぶ内容が変わるだけでなく、学び方が変わり、学ぶ目的が問われる時代です。今までのような教科書を見て作るような商品制作的な編集では時代から取り残される恐れがあるのです。もう一度、今の先生方と共に作る必要があります。今求められている教材があるはずです。NPO法人JEESで培った先生方とのネットワークもいよいよ活用する時期に来ていると感じます。今こそ、ティーチャーファースト、子どもファーストの考え方で学校教材を捉える必要があります。
近年は営業部門が力をつけてきて会社を引っ張ってくれています。流通部門も大改革が行われています。次はいよいよ本丸の編集部門です。教育同人社の存在価値を示すためにもこの改革を成し遂げて、学校教材の価値をもっと高いところに持っていこうと思っています。
*写真は昨年大阪マラソンに参加した時に撮った『陸王』です(^o^)

激動の一年が終わろうとしています。
今年は何より流通センターの混乱により教材の遅配や配送ミスなどをおこしてしまい、多くの販売店様と学校および先生方に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。このことは長年の信頼を無にする行為であり、その責任は代表である私にあり、お客様と共に関係各位にお詫び申し上げ、深く反省するところでございます。
起こってしまったことを反省するだけでは事態は改善しないと、全社一丸になって対応をして参りました。夏教材、2学期教材、冬しあげ教材、3学期教材の配送に関してはできるところから対応し、新学期のような大きな混乱は招くことなく乗り越えることができました。ひとえに販売店様のご理解と温かい心遣い、そして関係各位のご尽力による賜物です。大きな危機を迎えた時だからこそ、みなさまとの強い関わりを感じました。そしてその問題に立ち向かおうと社員も強くなりました。このことは教育同人社がこれからも学校教材を作り続ける中で決して忘れない、忘れてはいけないことと肝に命じております。
流通機能を改善するためには多様な問題が複雑に絡み合っています。スペースの問題、人材不足、人員不足の問題だけでなく、入庫計画、在庫管理、部品管理、梱包資材管理、作業計画(出荷作業、製品加工作業)、製品加工外注計画、人員計画、教育訓練、商品構成、返品管理、運送便管理、受発注システムの管理、受発注入力、伝票発行管理、出荷状況管理、ミス対応、販売店への連絡、流通部門全体のコスト管理、等々枚挙にいとまがありません。これらを丁寧に、現状の作業を滞らせることなくひとつずつ改善を重ねて参りました。
吉見新流通センターの設立によって来年の新学期は遅配なくお届けするための体制作りはできました。ただ改善は始まったばかりです。長年の無理が祟ってのことですからパッチワークのような場当たり的な改善では意味はなく、抜本的な見直しをして行かなければなりません。目指すべき最高レベルの流通体制を築くためには数年を要することになりそうです。
まず来年度はみなさまに安心して頂き、その先には最高のサービスを提供できようご期待頂ければ幸甚です。
決意を新たに、新年を迎えたいと思っております。

「第7回 夏休みエコポスターコンクール」にたくさんのご応募、誠にありがとうございました。

応募された作品は、NPO法人 全国初等教育研究会において審査し、低中高学年部門ごとに優秀賞各1点と教育同人社賞10点、学校をあげて取り組んだ3校に学校賞を選定いたしました。
今年度はさらに特別賞として新進気鋭の野生動物写真家 前川貴行氏が審査する、「動物大好き賞」を低中高学年ごとに1点選定いたしました。

受賞作品はこちらから⇒「第7回 夏休みエコポスターコンクール」結果発表!

今年もまた互助会(社員親睦会)がありました。今年は大宮にある鉄道博物館でオリエンテーリングです。

いよいよ新しい配送拠点「吉見流通センター」が本格的に稼働いたしました。
東松山流通センターで頑張っていたスタッフ達はほとんど移ってくれました。本当に嬉しい限りです。心機一転、みんなと一緒に「正確・丁寧・迅速」を礎として、力を合わせて頑張って参ります。

弊社東松山流通センターが9月末をもって33年間の歴史に幕を下ろすことになりました。

夏休みは家でゆっくりでした。雨続きで屋外にあまり出ることもありませんでした。千葉県にある妻の実家には帰省しましたが、東名や東北道の大渋滞とは無縁で穏やかな盆休みでした。お陰様で家族との貴重な時間を過ごすことができました。今年は新学期以降も結構慌ただしかったので、束の間の休憩は体と心に沁みるものでした。

会社方針

カテゴリー 経営 | コメントする

7月決算を終え、教育同人社は新しい期が始まりました。
今期は『正確・丁寧・迅速』を追求してお客様からのの信頼を得ることから始めます。もう一度現場レベルからこの会社の基礎・基本を見直していきます。

2018年度大学新卒者採用の募集を行います。

ここは、同じ志を持つ人が集う場所。
少子化によって社会構造が大きく変化するなか、学校教育の現場も様変わりしようとしています。2020年から始まる新しい学習指導要領において小学校で英語が教科化され、5年生から英語の授業が始まります。またデジタル教科書が発行されると、学校のICT環境は劇的に変化します。それに伴い教材もデジタル化に対応して活性化していくでしょう。

新たに流通センターを開設することになりました。

他のキーワードで検索 »