公教育を支える教材出版社代表のブログ

一般社団法人日本図書教材協会【日図協】では11月3日(木)に東京ガーデンパレスにて東北大学大学院教授の堀田龍也先生をお招きしてICT教育活用研修会を開催いたしました。

堀田先生は「デジタル教科書の位置付けに関する検討会議」の座長、「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」の主査、その他文科省関連の委員を多数お引き受けされていらっしゃる、まさに激動の教育改革の中心人物でいらっしゃる方です。当日は加盟教材出版社、加盟販売店だけでなく協会外の方々も多くご来場され、会場は200名ほどの参加者で溢れんばかりの大盛会となりました。

基調講演では「次期学習指導要領および教育の情報化の動向とこれからの教材の在り方」と題し、まずは図書教材の現状やICT活用の具体例などを話されました。昨今の情勢によって我々が立ち入ることのできない学校現場の貴重な映像や、教材会社の人間より教材の現状に詳しいのではと思うほど詳細なご報告をいただきました。次には中央教育審議会の動向や次期学習指導要領を想定した教育の情報化についてなど、昨今の国の動向について私たちにもわかりやすい言葉で語られ最新情報を深く理解することができました。

ご講演の最後には我々教材業界への期待をお話いただきました。デジタル教科書とデジタル教材の位置付けを丁寧に解説して頂き、今後デジタル化するであろう学校教材の今後に対して示唆に富むご講演をいただきました。

私は日図協ICT教育研究委員会委員長として第二部で登壇し、対談形式で堀田先生に質問をさせていただきました。堀田先生からは学校教材の価値、良質な教材を作る能力、学校現場に密着した販売店の価値などこの業界が培ってきた役割に対して大いに評価をいただきました。そしてこれらの価値は今後ICT環境が整ったとしても必要とされる価値であることも確認できました。しかし、その一方ICT技術は確実に進化し、それによって学校教材を取り巻く環境は大きく変化することは間違いないことも確認できました。その変化を恐れているだけでなく、やはりその変化に対応できるように我々は努力しなければならないのだと思いました。

2020年から次期学習指導要領が全面実施されます。2020年は教科書だけでなく、教材にとっても大きな分岐点になると思います。参加者のみなさんも堀田先生のご示唆に触発され啓蒙された方も多かったと思います。教育業界はこれから大きく変化することでしょう。ICT環境はその変化を加速させるに違いありません。図書教材が価値ある教材として生き続けるためにも、我々がこれからも学校を縁の下から支える立場であり続けるためにも、本質を守りながらも既成を打ち破る新しい挑戦が求められていると感じました。

「第6回 夏休みエコポスターコンクール」にたくさんのご応募、誠にありがとうございました。
応募いただいた全作品(平成28年度分)を大公開!しております。ようやく集計できました。
今年も素敵な作品ばかりです。是非子どもたちの作品を見てみてください。

全作品が見れるサイトはこちら⇒JEES(NPO法人全国初等研究会)

ここのところ急に寒くなりましたね。春の桜は仕事柄ゆっくり見ることもできないので、秋の紅葉をゆっくり楽しみたいと思っていましたがバタバタと冬支度が忙しいですね。

学校教材も冬休み教材、学期末のしあげ教材の季節になりました。今年の教材はズバリ新刊「要点チェック」です!

要点チェック○年生

今までの前学年までの復習と当該学年の練習問題に加えて当該学年の「要点」をわかりやすくまとめて出題されています。もちろんチェック問題は練習問題とリンクしていますから、事前チェックとしても間違えた時の確認にも使えます。充実のページ数で児童の学力を支えます。じっくり、しっかり学習の定着を図ることができる最良の教材となりました。

中学校向けは全面改訂!表紙も一新!おしゃれ~♪

ウインターアプローチ

小・中学校の先生方には是非一度お手にとって見ていただきたいと思っています。お声がけはお近くの教育同人社取扱の教材販売店さんへお願いします。

小学校冬休み教材・しあげ教材は⇒コチラ :-P

中学校冬休み教材は⇒コチラ :-D

日曜日に荒川河川敷で開催された「タートルマラソン国際大会in足立」に大学時代の友人と出てきました。久々の大会出場でへとへとになりながらも何とか完走できました。練習しないと結果はテキメン。思い知らされたな~(@_@;)

大会後は北千住にある老舗の銭湯「大黒湯」さんへ。神社のような建物の中で、疲れた体にここのお湯は最高でした!

その後は大学の友人宅にお邪魔して冷たいビール!お母様の温かい手料理!高層マンションのベランダからスカイツリーを眺めながら最後はワイン!大学の友人が集まってきちゃって最後は大宴会に、、、最高でした!

いつまで走り続けるのかな~ 走り終わった時には「もう絶対に走らない」と心に決めるんですけどね。。。練習する時間もないし、つらいしね。妻も娘も始めのころはマラソン大会に出ると言うと驚いてくれて、喜んでくれて、父親の威厳みたいなものを少しは見せられたかなと感じたんですが、今ではお買い物から帰って来たぐらいのかる~い感じで「あ、お帰り~」って感じですしね。(泣)

でもまた走っちゃうんだろうな~ 老化防止と自分だけのささやかなご褒美のために(泣) または飲み会の酒の肴のために(笑)

先日、毎年恒例の社員親睦会(互助会)があり大勢の社員たちとボウリングと美味しい食事を楽しみました。ボウリングは久々。ボウリングって面白いもので年の功が効くスポーツでしょうか、若手以上にベテランが大活躍でした。

その後の食事会ではお決まりの新入社員たちによる出し物です。今年は随分ベテランが多い。。。それも男性ばかり。。。昨年とは様子が違うようです。出し物はなんと女装コンテスト。念入りな化粧と妖艶な身のこなしに会場は異様な雰囲気に。。。優勝はエントリーNo.1のKさん。受賞理由は一番初めに出てきたから。。。その勇気を称えて私が決定(笑)危険なので写真はちっちゃめに。。。

毎年のように新卒者を取っていましたが、ここ最近はそれでも足りずに中途採用者が増えています。彼らは経験値が高く即戦力です。ですが教育同人社の社風に馴染もうと苦労します。社内での自分のポジションを探します。従来からいる社員たちも身構え、様子を見ます。まさに転校生のようですね。仕事は個人の能力だけでは上手くいきませんし、協働しないと成り立ちません。教育同人社という組織の中に身を置いたという覚悟が必要ですし、メンバーにその存在を認識してもらうことが必要です。互助会の出しの物をするということは、ようやくメンバーになった証なのかもしれません。イニシエーション的な意味合いがあるのかもしれませんね。

ですがイニシエーションとは単に組織に迎合することではありません。従来の社風に染まろうと迎合する必要はないのです。今後、時代は様変わりを余儀なくされることでしょう。テクノロジーは我々の予想を遥かに超えて進歩していくはずで、教材づくりの仕事も例外ではありません。変化の時代、中小企業は自社にはない他業界の知識や経験を取り入れるために外部の人材が必要となります。ですからむしろ彼らには覚悟を持って新しい社風づくりに挑戦してもらいたいと思っています。教育同人社はそもそもベンチャー企業ですから。。。そうすれば従来の社員たちも変化を恐れず、変化に立ち向かってくれることでしょう。そして逆に今度は、従来からいる社員たちが覚悟を求められるのでしょうね。(みんな女装されても困るけど。。。(@@;))

勇気を持って覚悟を示してくれたベテランな新入社員たちに敬意を表したい。彼らが大いに活躍できる組織になった時、教育同人社は飛躍的な成長をする会社になります。(教育業界でね(*^^)v)

P.S.社員たちからは、「社長、この写真ブログに載せたらダメですよ!」って、「会社の品位を下げるから!」って言われていたのですが、、、

欲求を抑えられませんでした。(爆)

結婚式

カテゴリー 家庭

先日弊社女性社員が結婚式を挙げることになり、私は主賓として参列することになりました。

私が社長になる1年前でしたかね? それまで弊社が約10年間も我慢していた新卒者採用を開始したのですが、新婦はその内の一人でまさに秘蔵っ子です。可愛い娘を嫁に出すような気分になりました。社長という立場は仕事を通じての繋がりしかありませんが、社員たちには温かい家庭を作り幸せになって欲しいものですね。

東京ガスのCMに 「家族の絆 やめてよ」篇 というのがあります。父が結婚式前の娘から「やめてよ~」って言われるCMなんですけどね。私にも娘がおりますんで、これが最近の私にもズバズバくるんです。

  • 「やめてよお父さん、朝から裸でうろうろするの。」 寝汗かくから朝からシャワー♪
  • 「変なスタンプ使うの。」 LINEやるようになってついつい面白いスタンプ探し♪
  • 「やめてよお父さん、変なクシャミするの。」 僕の場合は大きなクシャミ♭
  • 「お店の人に偉そうに言うの。」 最近、人の態度が気になるんだよね~
  • 「やめてよお父さん、変な鼻歌歌うの。」 古いのね~ 最近よく思い出す。
  • 「仕事し過ぎるの。(家で)」 気になって終わらないんだよね♯
  • 「やめてよお父さん、子供みたいなことを言うの。」 親父ギャグは滑りまくり(笑)

などなど、最後は「幸せになれよ。」と送り出す父に思わずホロっとなるいいCMで、結婚前の娘を持つ世のお父様方には必見ですね。

本当の娘の結婚式になったらどうなるんだろうな~

それにしても「あるある」だな~ やばいな~ やっぱり娘から「やめてよ~」って思われてるんだろうな~(>_<)

東京ガスのCMはこちら⇒「家族の絆 やめてよ」篇 (TOKYO GUS TV)

会社の通信簿

カテゴリー 経営

弊社は7月茉決算ですので株主総会は毎年9月末に行われます。今年も滞りなく無事に総会を終えることができました。会社の通信簿と言える決算報告書を見ると、お陰様で会社は元気のようで何よりです。

会社の評価は社会(市場)がするもので、株式会社である以上、評価者は顧客だけでなく、会社を出資者として支えて頂く株主からも評価されるわけですが、非公開企業は自分が大株主になっている場合が多くその意識が希薄になりがちですね。伝統的に弊社では全ての株主に決算報告書を送り、総会の案内をし、欠席者から委任状を頂いております。そしてしっかりと株主総会を実際に開催して、私から直接出席株主に対して業容の説明を行っています。

私は3代目で自分が作った会社ではありませんから、初代(祖父)が建て、2代目(父)がしっかり継いでくれたので現在の私の立場があるわけです。そしてたくさんの先達の苦労によって現在の会社が成り立っているわけで、自分が頑張っている部分なんてまだなだ小さいわけです。だから故に、これからも嘘偽りのない、誰からも後ろ指を刺されない仕事をする必要があるわけです。そして支えている皆様にはできるだけお話をして説明できるようにしておきたいと思っているのです。弊社にとって株主総会という会議は確かに儀式的なことかもしれませんが株主のみなさんが来社してくれる間は続けていこうと思います。

些か古い考え方かもしれませんが、これからはむしろそういう「しきたり」をきっちりとできることが大事だっていう時代になるかもしれませんね。人が繋がりで生きているように会社も繋がりですからね。

P.S.実は私が任期でした。そしてお陰様であと2年(任期)は社長ができることになりました! みなさまよろしくお願い申し上げます。 (笑)

リオではオリンピックの後、パラリンピックが開催され、連日熱戦が繰り広げられていました。日本選手も大いに活躍されて私たちに勇気を与えてくれましたね。

中でも陸上男子4×100mリレーでの銅メダルは嬉しかったです!走者は、芦田創、佐藤圭太、多川知希、山本篤。タイムは、44秒16の日本新記録。今大会の日本陸上チームに初のメダルをもたらしました。ここで銅メダルを取った芦田選手は私の元同僚のお子様なんです。以前より頑張っているということは聞いていましたが、ここまで凄いとは思ってもいませんでした。『リオパラ 陸上男子4×100mリレー 日本が銅メダル』 【ヤフーニュース】

「イチローが嫌いだ!」って言うトヨタのCM知っていますか?芦田選手はそこに登場している方なんですよ~

トヨタ「WHAT WOWS YOU.」プロジェクトURL:http://toyota.jp/wows/#top

4年後は東京パラリンピックです。更なるご活躍を期待したいですね~

パラリンピックという競技が益々身近に感じられるようになってきた時代、学校現場でもインクルーシブ教育に注目が集まっています。NPO法人全国初等教育研究会(JEES)では11月5日(土)にJEES教育セミナーとして「スクール・インクルージョン実践講座」を開催します。

セミナー詳細URL: http://jees.jp/activity/detail/2016/1105.html

テーマは『子どもたち全員が参加できる学級経営~インクルーシブ教育を学ぼう~』です。講義内容は ・「インクルーシブ教育」とは ・「合理的配慮」で新しい学級の景色を ・学級でつまずいている子 ・タイプ別指導法 ・「学力向上」と「体を整える」などを予定しています。講義とワークショップで進めるわかりやすい体験型の講座で、講師はむさしの発達支援センター所長の森山 徹先生です。

多くの先生方のご参加をお待ちしております!

学校教材は先生のものですね。先生が選んで子どもに施すものです。でも与えられた子どものものでもありますね。実際に使うのは子どもですからね。では親はどうでしょうか?

親の関心は子どもの成績で学校から配られ使っている教材そのものには興味がありませんね。実際、学校毎に、学年毎に使っている教材は違うのです。先生が変われば使う教材は違いますし、同じドリル教材でも地域によってなんとなく使うドリルのタイプが違ったりするのですが、子どもが使う教材は一種類ですからどんなタイプのドリルがあるのか親はわからないわけです。
もちろん先生は常に最良の教材を選んで子どもに施していますから、心配する必要はありませんが、先生方が幾つもの種類の教材の中から吟味して選んでいることは教材を作っている立場からするとわかって欲しいところです。
実は先日、日本PTA全国研究大会が徳島市であり一般社団法人全国図書教材協議会(全図協)という教材出版社とその販売店で作る団体として参加して参りました。ブースを設置して小学校・中学校向けのたくさんの教材を並べてPTAのみなさんに見ていただきました。
その種類の豊富さや鮮やかな色づかいのカラーのテストに驚いていたり、そもそも教科書と教材の違いに驚いていたりと多くの方が教材を手に取ってみてくれました。
学校教材を親にもわかるようにしたい。家庭学習のしくみを確立させるためにもその理解が必要です。学校教材は学校の世界だけのものではありません。学校と家庭をつなぐ架け橋が学校教材なのです。PTAのみなさんのまなざしを見てそう感じた次第です。
親の理解が深まることで先生方もよりよい教材選びができるはずです。子どものため、先生のため、そして親のために、これからもPTAの活動を応援していこうと思います。

ブラジルで開かれていたリオデジャネイロオリンピックも閉会しました。ちょうど地球の反対側にあり、夜な夜な熱戦が繰り広げられることになり、睡眠不足になった方も多くいたようです。

日本は史上最高の41個のメダルを獲得して、4年後の東京オリンピックに向けて勢いのつく成果を上げることができました。柔道、水泳、体操、卓球、バトミントン、レスリング、シンクロ、そして陸上と日本選手たちの大活躍は記憶に新しいところです。選手のみなさんは本当にお疲れさまでした。そして多くの感動をくれたことに感謝したいですね。特に今回は最後の最後まであきらめない選手たちの姿がありました。常識的に捉えがちですぐに諦めてしまう自分が恥ずかしくなるほど大いに刺激を受けました。

それにしても人類の進化(?)は著しいですね。今回も世界記録が数多く誕生しました。確かフェイスブックで見たのですが、1950年代(60年前)の体操演技との比較映像がありました。同じ競技とは思えないほどの違いでした。今の体操は曲芸ですね。白井選手なんかもうあれ以上「ひねれない」でしょ、、超人技ですね。シンクロにしても、新体操なんかも、よくできるな~と感心しますね。卓球やバトミントンなんかもそうなのでしょうかね。スマッシュって1回で決まっていたように思うんですけど。。。日本は体が小さいと不利だと思われる水泳や陸上でも大いに活躍しましたね。陸上男子400Mリレーは興奮しました。9秒台が一人もいないのに銀メダルって、本当にサプライズです。

人類はこれからどこまで進化を遂げるのでしょう。どこまで欲求を求めるのでしょうか。逆にもう物理的にも頂点を極めちゃってるのでしょうかね。

今回のオリンピック会場は空席が目立ちましたね。一般市民は何を見たかったのでしょうかね。 (ちなみにサッカーの決勝 ブラジル対ドイツは超満員でしたけど。笑) 肉体改造が必要な超人的な競技には莫大なコストがかかりますね。その分どこかに負担がかかりますね。ただその求めは止めどないのかもしれません。ただ何か需要と供給のバランスが崩れいているようにも感じます。4年後の東京オリンピック、選手たちにはたくさんのメダルを取ってもらいたいですが、オリンピックスポーツの本質的な意義みたいなものを見つめて目指す大会であって欲しいと願っています。

9月からのパラリンピックにも注目しています。

他のキーワードで検索 »