公教育を支える教材出版社代表のブログ

春爛漫。 東池袋の桜も満開です。

明日は年度末ですね。 そしていよいよ新しい年度が始まります。 学校教材の業界に関わっていると「年度末」は年末よりも大事な節目の日になります。

学校教材は新年度が始まる4月当初に全国の先生にご採択をいただきます。何だかんだ言っても、この時期に教育同人社の教材をご採択をいただかなければ今度の活動は成り立たないのです。学校教材活用法のセミナーや校内研修会も、ICTサポートも、NPO法人JEESの活動も教育同人社の教材をお使いいただいている先生がいらっしゃるからこそ成り立っています。そのチャンスは1年に一度しかありません。

先日昔の弊社カタログを紹介しましたが、昔の商品やチラシには威勢のいい言葉が躍っていますね。気持ちが入っていますよね。社長室には創業者の森松雄の直筆の色紙が置いてあります。そこには「前進」と書かれています。私はこの言葉が大好きです。祖父と一緒に仕事をしたことはありませんが、とにかく前に進んでみることが大事なんだよと教えてくれているようです。

さて、新年度の教育同人社の教材は「前進」しているかな?

①ドリルだけでなく、テスト表紙にも「スヌーピー」を登場させ教材全体の統一感を出しました。

②また各教材(習熟教材と評価教材)を連動させて学力向上のしくみを作りました。あしあとマークで連動を表現。「あしあとNAVI」と名付けました。

②学力テスト対策として「学力確認テスト+G」を新開発しました。ROMに収録された「B 問題トレーニングプリント」は活用問題対策の必須アイテムです。

④そして学校教材活用法の普及活動です。教材はもっと使える!使い方のコツやヒントをご採用いただいた先生方に伝えていきます。売ることだけに留まらず、ご採用後のアフターフォローに注力して教材の価値を高めていきます。書籍はおススメです。

子どもが伸びる ドリル・テストの使い方

他にも地道な前進は多々あります。まあ、とにかくがむしゃらに前向きに進んだ一年間でした。 たくさんの販売店さんにもお会いできました。そして彼らの活動に勇気をもらい、信頼を深めることができました。本当に感謝感謝です。また、たくさんの先生方にもお会いすることができました。先生という仕事は本当に素晴らしい仕事だと感じます。その仕事を支えていきたいと心底思えるようになりました。そして教材会社の立場はとても重要なんだと、責任もさらに強く感じるようになりました。

さあ、後は先生方が教材見本をしっかりと検討していただき「スヌーピー」を見つけてくれることを祈るのみです。 ひとりでも多くの先生に手にとっていただき、ご採用いただき、子供たちと共に教育同人社の「前進」を実感していただきたい。お願いします。


全ての子どもに、もっと教育を[公教育支援のパイオニアとして、社会の未来を創ります]

P.S.

一部では教材機能を毀損させ価値を下げるような教材も出回っているようですが、気をつけてもらいたいと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。