公教育を支える教材出版社代表のブログ

先日沖縄県に行ってきました。梅雨明けとは言え、台風が迫っているからかまだまだ湿っぽくって蒸し暑い感じでした。

ご縁あって、先生方と学生さんに話をする機会をいただきました。

まずはお世話になっている校長先生の学校でお話させていただきました。先生方の前で話すのは場違いな感じもしてとても緊張しますが、「作り手の思い」を直接伝えられるいい機会でした。

学校教材の誕生から教材の歴史の話をさせていただき、学校教材が担っている役割を整理して話しました。学校教材は学校で使うために開発されたもので、先生と共に進化を遂げてきたもの。全ての子供が使え、全ての子供の学力を伸ばすもの。授業と宿題を通じて、学校と家庭を繋ぐ存在であるもの、、、など。 若い先生も多く、教材を採用する意味、教材を活用する価値など、少しでも理解して頂けたらと思いました。

その後、沖縄北部にある名桜大学に行き、こちらもお世話になっている先生のご依頼で、学生さん相手に話す機会をいただきました。学生への講話は人生初です(#^.^#)

始めは突然の東京からの珍客に学生たちも戸惑っていたようですが、教材の現物を見せるとどんな会社の社長なのか理解してくれたようでした。知名度ゼロ(笑) さらに60年前の昔の教材を持っていったので、それを見せるとかなり食いついてくれました。

昔も今も、文字の大きさや色数、形、デザインは違えど、内容(コンテンツ)は一緒なんだということ、そしてこれからの時代、ICT化が進んでデジタルデバイスが進化しても、映されるものは変わらないということを伝えられたかな~ 授業が終わっても質問に来る学生さんもいてびっくり。。。こうやって学生のうちに学校教材に触れる機会があると、先生になった後の認知度が違うだろうな、、、と感じました。

なんか、段々学校教材の伝道師みたいな感じになってきました(@_@;) 困った。 ですけど、こうやって直接伝える機会はとっても大事だなと。。。 これからも先生方とのご縁を大事にして、販売店さんのお力を借りながら、「作り手の思い」を伝える機会を増やしていこうと思いました。

P.S.

1泊で沖縄とサヨナラ。。。次回はノンビリしたいな~

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。