公教育を支える教材出版社代表のブログ

シルバーウィークにつき土日を入れると弊社は5連休中です。

ところで、いつからシルバーウィークってできたのでしょうか?春がゴールデンウィークだから、秋はシルバーウィーク。敬老の日に引っ掛けてシルバー。なかなか素晴らしいネーミングと納得。(笑)

最近、休日が多いな~と感じませんか?ちょっと調べてみました。【国民の祝日に関する法律】

祝日の数は、私が生まれた昭和41年(1966)は12日間、今年は15日間。3日しか増えていない。ところが平成10年(1988)に適用されたハッピーマンデー制度で運用が大きく変わりました。ほとんどの祝日が連休になるように設定され、さらに祝日の間が「国民の休日」になったのもここから。実質的な休日日数は大幅に増えることになります。秋のシルバーウィークもこの辺りから言われ始めたようです。

今年の祝日は16日(国民の祝日を含む)、土日(104日)が休みとすると、年間120日が休日となります。これに年末年始の休暇、夏のお盆休みなどを合わせると130日ぐらい休みになります。休日率は35%です。

ちなみに海外の祝日数を調べる【MERCER】と一番多いのはインドの18日で、日本は3位グループでした。ちなみにアメリカは10日、ドイツは9日、イギリスは8日でした。

ただ、ちゃんと休んでいるかは話は別のようです。有給休暇の消化率は世界ワーストクラスとも言われています。【エクスペディア】結果、日本人の年間の休暇日数は他国と比べればあまり多くはないようですね。

みんなで休めば休めるけど、一人ではなかなか休めない。。。だから国が率先して休日設定してる??って感じでしょうか。来年も更に祝日(山の日8月11日)増えますしね。 こうやって集中して休みを取る(取らせる)国は珍しいかもしれませんね。旅行代も高くなるし、交通渋滞も激しくなるし、効率的なのか、非効率なのか。。。 休暇制度にもみんなで一緒に何かやるのが好きな国民性が表れているな~とちょっと感心。

さあ、明日から仕事です。しっかり仕事して稼がないと有意義に休むこともできませんものね。

P.S.

一方で昨今は教員(学校の先生方)の多忙化が顕著です。休みたくても休めない仕事があります。この連休で先生方の自由時間が少しでも増えたとすれば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。