公教育を支える教材出版社代表のブログ

「書きこみシート」という商品を発売しました。教材ではなく、実物投影機を使って、教材を映す時に使う透明シートを商品化したものです。

書き込みシート

「教材のデジタル化」と言われて久しいですが、実際にはデジタル機器の環境が全クラスで揃っていて、全ての子どもにタブレットが与えられている学校はまれです。これからもその環境を広く望むのは難しいことかもしれません。

ただ現場の先生方に伺うと、子どもたちの手元にある教材や教科書を大きく映し出すことができれば、事足りることも多いと聞きます。実は実物投影機とプロジェクターがあればそれらを実現できます。むしろその方が、先生方の使い勝手は良く、子どもたちもわかりやすかったりしますね。書き順の指導など手元を大きく映して見せたい時などは、とっても便利です。

タブレットもいいとは思いますが、そのお金があるのであれば、私はまず、全ての教室に実物投影機とプロジェクターを常設するべきと思います。実物投影機を使って、ドリルを見せる指導は、これはもう、まさに「ICT活用」の授業なのです。

ただ、大きく映したところに「書き込みたい」というご要望には不向きでした。図書教材や教科書に一回書いてしまうとその教材が使えなくなってしまうからです。 そこで考えたのが「書き込みシート」です。ホワイトボードペンはもちろん、なんと鉛筆でも書け、なんと消しゴムで消せるシートで商品開発をしました。なんとなんと、赤鉛筆でも書けて消せます。これで、大きく映してから「書き込み指導」ができるようになったわけです。既に実物投影機をお使いの先生方には必須のアイテムです。

新発売にあたり、現在モニター募集中です。
【新発売記念「活用モニター」募集】http://www.djn.co.jp/r/k-sheet/
本日現在で残り僅かの募集枠があるようです。ご希望の方はお早めにお申し込みください。とっても評判がいいので本当にお早めに。。。

新発売記念『活用モニター』募集

P.S.

世の中進んでるって言って、デジタル、デジタルって言うけど、結構アナログな対応が大事だったりして。。。学校現場の実態と先生方をニーズを考えると、こんなデジタル化戦略もありなのかなと思う次第です。では。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。