公教育を支える教材出版社代表のブログ

春節

カテゴリー 教育, 未分類

今年の冬は、雪処では雪不足でお正月まで雪がなかったのに東京では突然大雪が降ったり、まさかの沖縄でも雪が降ったりと荒れた天気が続いています。そんな冬も4日には立春を迎え、暦の上ではもう春ですね。

立春や節分(立春の前日)は昔から馴染みがありますが、最近は「春節」という言葉をよく耳にしますね。中国などアジア諸国では今だに旧暦の慣習が色濃く残っているおり、旧正月である春節が長いお休み期間になるようですね。今年は2月8日から13日までです。

今までは一般的にニッパチは不景気(2月と8月は閑散期)と言われていました。しかし昨今の「爆買いツアー」に象徴されるように、この時期に多くの観光客が来るようになり、一大消費期間に様変わりしました。街に出ると中国語の看板が目につき、中国人が大きな買い物袋を引っ提げて闊歩しています。円安がこれに拍車をかけて、益々観光客が増えています。海外から見れば日本は物価の安い先進国なんです。

日本はこれからは人口減少の国になります。ですからデフレ解消はなかなか難しい。よって海外からのお客様は経済的には大いに結構なことですね。少し御行儀が悪くても我慢して「おもてなし」の心で迎えたいものです。

国の教育政策もこの「人口減少」を踏まえた施策と考えると筋が通ります。教育のICT化や情報教育、小学校英語、アクティブラーニングなども、これから日本が世界と伍していく為に必要な能力だからです。日本は内需だけでは成り立たなくなることを踏まえているわけです。

一方で「おもてなし」に代表されるような道徳心や礼儀礼節、物事を丁寧に扱うなど整理整頓の風習、「九九」に代表されるような基礎力の高い算数の力など、世界に伝えたい多くの慣習を持っていますね。そう言った意味でも「東京オリンピック」はいい機会ですね。出て行って伝えるのは難儀ですが、来てくれた人達に伝えるのは難しくありません。文化伝統を大事にしながらも、積極的に諸外国とコミュニケーションが取れる子どもたちであって欲しいと思います。

それにしても、ホテルが取れません(泣)

この時期は出張が多い時期、今までは日本のためにニッパチ解消に奮闘をしており安価な旅費の恩恵を受けていたのですが、今は逆、旅費高騰は本当に頭が痛いところです。

今週の福岡はサウナかな~(苦笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。