公教育を支える教材出版社代表のブログ

企業は人で成り立っています。ですから企業にとって人は宝ですね。

ところが最近、その「人」が不足しています。特に埼玉県にある弊社流通センターでは人員の欠乏感が増しています。募集をかけても応募はチラホラ。学校教材を全国各地の販売店さんや小中学校に発送する流通センターの仕事は我々にとってはなくてはならない生命線です。新学期の受注期は一瞬にして終わってしまう超短期集中ですから人手不足は本当に深刻な問題なのです。

昨今の配送サービス事情は、例えばアマゾンが都内1時間以内の配送を実現するなど競争に歯止めがかかりません。都市部ではネットで頼んだ注文が翌日来るのは当たり前の世の中になりました。このような要望は全国の小中学校の先生方にしても変わりません。学校教材もできるだけ早く、そして正確に出荷をしなければなりませんから、教育同人社は新学期受注期であっても販売店さんからの当日12時までのご注文を即日出荷することをお約束しています。(専用のFAX注文書及び業界ネットでのご注文の場合)今から全力で人集めをして、しっかりトレーニングして、このサービスは何としても実現しないといけません。

大学入試の判定にAI導入されるというニュースがありましたが、これからの時代、人間がコンピュータにとって代わられるというのは本当でしょうか?日本においては意外と早く実現するかもしれませんね。特に作業補助的なロボットの分野において必要不可欠だと感じます。それはコンピュータが人間よりも優れているか否かではなく、人手を補う必要があるからです。今後労働人口は減少の一途であることは周知ですが、大学進学率が上昇し、いわいるブルーカラー的な作業的な仕事を望まない若者が増えてきています。トラックの運転手などの配送業務も人手不足と聞きます。大学進学率の上昇が人手不足に拍車をかけているとすると皮肉なものですね。

P.S.

老若男女年齢性別は問いません。この春、学校教材を全国の学校へお届けする大事な仕事をお手伝い頂ける方をお待ちしております!【アルバイト募集はこちらから!】

【教育同人社の流通システム】

直販システム図

【東松山流通センター】

東松山流通センター

【嵐山流通センター】

嵐山流通センター

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。