公教育を支える教材出版社代表のブログ

売ること

カテゴリー 学校教材

もう3月も終わろうとしています。いよいよ新学期を迎えます。我々はここまで来ると泣いても笑っても「まな板の鯉」。後は、弊社の販売代理店さんのお力にお任せするしかありません。

教科書は無料なのに教材は有料とよく言われます。販売代理店さんからも「学校教材は有料だから大変だ。」と聞くことがあります。確かに保護者目線で見るとそうなりますが、教科書も「教科書無償給与制度」によって国が買っているわけですから有料の教材です。決して無料のものではありませんね。教科書会社も利益を出していますから商行為です。そのことで良質な教科書が作られているわけですから必要不可欠な利益と言えます。

その面では学校教材の商売も同じなのです。ですから販売店さんが学校教材を売ることを臆する必要は全くありません。先生に教材を選んでいただき、保護者にご負担いただく活動は商行為ではありますが、悪行ではありませんからね。むしろ、我々が作る学校教材は今や学校にはなくてはならない価値あるものです。幾度となく批判の矢面に立ち、叩かれ、採用がなくなるような目に遭いながらも、全国の販売店さんの努力により、先生方にその必要性が伝わり、保護者に負担をかけてでも子どもたちの学力を支えるためには必要なものと判断され、全国の学校でご採用をいただいています。良質な教材がなければ学校教育は成り立たないということを、私たちは生き残ることで証明しているのです。今では塾もなくてはならないものという評価をもらえるような時代になりましたね。学校外教育もとても大事です。しかしまずは、学校教育ではないでしょうか。。。子どもたちの基礎学力を培うには良質な学校教材が必要です。先生が多忙を極める時代、先生をサポートするためにも学校教材を活用して頂きたいと願っています。

昨今はその質に自信をなくしているのか、教材の価値を損ねるような行為も見受けられるようになって疑問を感じています。教育同人社の販売代理店さんには教育同人社の価値ある学校教材を正々堂々と先生にご紹介いただきたい。これは学校教育を支える、多忙な先生方を支える、日本の教育の質を支える活動だからです。確かにこれは商売活動ですが、我々は国からの補助金なども一切なく自力で成り立っているのです。正に立派な商売です。売上による利益は純粋に次の教材開発に投資しています。NPO法人を作り世の中に還元しています。販売代理店さんはその活動をつかさどる重要な一員です。これからもなくてはならない存在です。ですから自信を持って、教育同人社の販売代理店さんは、教育同人社の学校教材を売ってください。

新学期商戦で共に勝利することを祈念しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。
御覧の皆様にバナーをクリックしていただけますと大変励みになります。よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。